よくあるご質問

コイン鑑定・買取について

日本の記念貨は買取っていただけますか?

銀行などの金融機関で両替した記念貨は買取しておりません。(状態の良い、東京オリンピック1000円銀貨は除く)発行枚数が大変多く、需要が少ないためです。お持ちの銀行口座に預金されるのがよろしいかと存じます。

何を買取りしているのですか?

以下が買取の対象、買取不可の例となります。
買取ができるものは、ある程度希少性があるものが
中心となります。下記「買取不可」のものでも、
状態の素晴らしいものなどは買取の対象となります。

【主な買取の対象】
●和同開珎等の「皇朝十二銭」・大判・小判・分金・分銀・丁銀・
豆板銀・甲州金・地方貨幣といった江戸期の古金銀貨類
●明治時代・大正時代の近代金貨・銀貨・紙幣
●平成のカラー記念プルーフコイン
●外国の金銀貨、金メタル

【買取不可のコイン一例】※現存数が多いもの
●寛永通宝や中国の渡来銭
●明治・大正時代の金貨・銀貨を除く銅貨など
●記念コイン・記念メダル(東京オリンピック1000円銀貨は除く)
●1950年以降発行の近代貨幣・近代紙幣
●現行硬貨のミントセット・プルーフセット
●海外旅行などで残った外国の小銭

郵送や出張鑑定・買取はしていただけますか?

弊社の買取対象のコインに限り、お受けする場合がございます。お持ちのコインについて、お電話や『各種お問い合わせはこちら』よりお問い合わせください。

自分が持っているコインに銀座コイン鑑定書をつけたいのですが?

銀座コイン鑑定書は、弊社でお買い上げいただいたコインにのみ発行しております。
公的な日本貨幣商協同組合発行の鑑定書もございますので、ご希望であれば、お電話や『各種お問い合わせはこちら』よりお問い合わせください

コイン鑑定・買取業務を見る

コイン販売について

遠方により、東京へは行けないのですがコインを買うことはできますか?

はい、可能でございます。通販サイトをご利用いただいたり、お探しのコインについて、お電話や『各種お問い合わせはこちら』よりお問い合わせください

同じコインなのに値段が違うのはなぜですか?

同じコインでも摩耗やキズなどの状態(グレード)によって値段が異なります。グレードが高いものほど高価になります。また、年号別によって、発行枚数の違うことにより大きく値段が異なる場合がございます。

コイン販売業務を見る

オークション・イベントについて

オークションに参加してみたいのですが?

こちらから開催予定のオークションについてご紹介をしております。オークション参加希望の方は、必ずオークションの「規定と条件」をご一読ください。FAX・郵送・WEBからご入札が可能です。カタログのご希望やご不明な点については、お電話や『各種お問い合わせはこちら』よりお問い合わせください

オークションに出品したいのですが?

出品のご依頼に関しては、お電話や「各種お問い合わせはこちら」より出品希望の品名を記載して、お問い合わせください。出品の流れや規定に関して弊社から折り返しご連絡いたします。

入札の仕方がわからないのですが?

WEBからは銀座OnLineにて、出品物の詳細な画像を確認しながらご入札いただけます。入札の流れはこちらを確認ください。ご郵送やFAXでの入札ご希望の場合は、弊社まで問い合せください。

オークション業務を見る

その他

小判一両の値段は現在だとどれほどの価値になるのですか?

260年余り続いた江戸時代の中で、経済は大きく変化しているので、金額の幅が大きいですが、20~40万円といわれております。小判一両で当時はうどん375杯、米2俵半(150Kg)、酒2斗4升(43リットル)などが買えたそうです。

コインは磨いたり洗って綺麗にした方がいいのでしょうか?

絶対にやらないことをお勧めいたします。布で磨くのはもちろん、薬品で洗うなどもってのほかです。コインは「手のひらにのる文化遺産」ですので、歴史的価値が損なわれてしまいます。できるだけ現状のままで、大事に保管をしてください。

「ギザ10」はホントに価値があるんでしょうか?

「ギザ10」こと現在でも流通されている10円青銅貨は、昭和26~33年(1951-58)の期間のみ発行され、エッジにギザギザが刻印されています。「ギザ10」はあくまで古いタイプの10円硬貨という意味で、完全未使用品でない限りは残念ながらプレミアがつくことはありません。

昭和64年のコインは価値があるんでしょうか?

昭和64年は1月7日までの7日間しかありませんでしたが、実はコインの製造は大量に作られていたため、額面以上の価値はございません。

銀座コインのご紹介はこちら